■プレフェミンに含まれている有効成分はチェストベリー

 

・プレフェミンの成分はチェストベリーだけ
・女性のためのハーブで黄体ホルモンを安定させる効果がある

 

 

PMS専用の市販薬・プレフェミンは有効成分がチェストべりーのみで
出来ている市販薬です。

 

 

私は以前、PMSの症状で子供に「髪型がいつもと違って変だよ」と、
言われただけで、カッとなって「じゃあ、変えるよ!」と怒鳴ってしまいました。

 

 

普段、子供に対して怒鳴ることがないので子供は号泣という事態に。

 

 

その時に、もう二度とPMSが原因で子供に怒鳴ることはないようにしたい
と心の底から思いました。

 

 

こうして、市販薬のプレフェミンで、PMSの症状を改善することにしたの
です。

 

 

プレフェミンはチェストベリーで出来ている薬。
チェストベリーは女性のためのハーブとして知られていています。

 

 

チェストベリーに含まれている精油、脂肪酸、イリドイド配糖体、フラボ
ノイド、アルカノイドなどが黄体ホルモンというホルモンを安定させます。

 

 

黄体ホルモンは、別名プロゲステロンと良い、妊娠するのに必要な
ホルモンです。

 

 

生理が始まる1〜2週間前から、卵胞から黄体化ホルモンの働きにより、
プロゲステロンが分泌されるようになります。

 

 

このプロゲステロンは脳内の神経伝達物質であるセロトニンを使って
働くため、脳内にセロトニンが足りなくなってしまいます。

 

 

セオロトニンはハッピーホルモンとも呼ばれていて、情緒を安定させる
為に必要なホルモンです。

 

 

このセオロトニンが一気に足りなくなることで、イライラしたり、不安に
なったり、ちょっとしたことで悲しくなったりするのです。

 

 

チェストベリーは、この黄体ホルモン、つまりプロゲステロンに作用して
もう一つの女性ホルモンである卵胞ホルモンとのバランスをととのえます。

 

 

卵胞ホルモンは別名エストロゲンと呼ばれていて、美人になるために
必要なホルモンです。

 

 

黄体ホルモンと卵胞ホルモン、2つのホルモンのバランスが乱れることで、
PMSの症状が深刻化し、ととのうことで緩和されるわけですね。

 

 

つまり、ホルモンバランスを整えるチェストベリーはとても有効な成分と
言えます。

 

 

■チェストベリーの精油とは?

 

・チェストベリーの花や茎から抽出した00%天然の油
・鎮静、鎮痛、月経回復、ホルモンバランスの調節などの効果がある

 

 

プレフェミンには、チェストベリーの精油が含まれています。

 

 

精油とは、ハーブの花や茎から抽出した100%天然の油のことを
言います。

 

 

チェストベリーの場合は、果実から抽出された成分なのですが、
効能はこのようなものがあります。

 

 

鎮静、鎮痛、月経回復、ホルモンバランス調節など。

 

 

プレフェミンの薬の作用であるPMSの症状の緩和にも効果的ですが、
更年期障害、無月経、月経痛、膀胱炎などにも効果を発揮してくれます。

 

 

そして、不妊症や乳房痛などにも作用するので、やはり婦人科系の症状に
効果的ですね。

 

 

ラベンダー、ローズ、バレリアン、ゼラニウム、くらりーセージなどが相性の
良い精油です。

 

 

アロマキャンドルなどを焚くときは、参考にしてみてください。

 

 

■チェストベリーの脂肪酸とは?

 

・体内で細胞膜、脳、ホルモンを構成する材料になる
・適度に摂取することで健康を維持できる

 

脂肪酸という呼び名だと聞きなれないかもしれませんが、脂肪酸とは、
つまり脂肪、脂質のことです。

 

 

呼び名が違うだけで同じものを差していて、人が健康を維持するためには、
適切な脂肪が必要なのです。

 

 

脂質は身体の中に入ると、脂肪組織の中にエネルギー源として蓄積されて
いきます。

 

 

そして、人の細胞を覆っている膜、細胞膜、脳、ホルモンを構成する材料に
なるとても重要な働きをする物質です。

 

 

チェストベリーに脂肪酸が含まれていることで、脳内神経物質セロトニンを
はじめとするPMSの症状を抑えるための細胞や、物質がつくられやすくなります。

 

 

脂肪酸はなるべくさまざまな食材から取り入れた方が良いので、食事の中
からも適切な量の脂肪酸を取るようにしてください。

 

 

■イリドイド配糖体、フラボノイドとは?

 

・イリドイド配糖体は抗酸化作用が高く、細胞の老化を防ぐ
・フラボノイドはポリフェノールの一種、血行を促進する

 

 

チェストベリーに含まれているイリドイド配糖体は、抗酸化作用が
強く細胞の酸化を防いでくれる作用があります。

 

 

細胞の酸化は、老化のことです。細胞が老化してしまうと身体全体の
老化してしまい、身体の機能が落ちてしまいます。

 

 

その結果、疲れやすくなったり、痛みやストレスに弱くなったりします。
そうなるのを防いでくれるのが、イリドイド配糖体ですね。

 

 

また、チェストベリーにはフラボノイドも含まれていますが、フラボノイドは、
ポリフェノールの一種です。

 

 

血行を促進して体の免疫力を高めてくれます。また、血行をよくすることで、
肌のターンオーバーもスムーズに行われるようになります。

 

 

美容効果も高いので、チェストベリーが女性のためのハーブと言われる
理由もわかりますね。

 

 

プレフェミンの有効成分であるチェストベリーはこんなにもすぐれた成分が
含まれているのですが、実はサプリメントでも摂取することが出来ます。

 

 

チェストベリーを使ったサプリメントは多くの種類が発売されているのです。